2.デジタルカメラの使い方
                    
             改訂:06年5月28日       

2.1 特徴は・・?

 ・撮影したその場で見ることができる。
 ・SDなどの記録カードに沢山の枚数を保存でき、どんどん写すことができる。
 ・パソコンに取り込んで、メールで簡単に送ることができる。また、様々に加工したり、 編集したりして、愉しむことができる。 
 ・プリンターにつないで簡単に印刷できる。
などなどです。

2.2 何が従来の銀塩カメラと違うの・・?
 
 大きな違いはフィルムの代わりにCCD(撮像素子)を使うことです。
 ・CCDで光を捉え、電気信号処理し、記録カードにデジタルデーターとして保存します。
 ・カードとしてはSDカード、xDカード、コンパクトフラッシュなどいろいろあります。

2.3 画像の大きさと画質

 ・撮影した時のサイズと画質によって、印刷した時の綺麗さが変わってきます。
 ・それによって記憶カードに保存できる枚数も変わってきます。
 ・普通のサービスサイズに印刷するのであれば、1280X960(1024X768)もあれば充分です。
 ・パソコンで見るのであれば、1024X768の大きさが丁度いいです。

 例1. 富士フィルムのFinePixFF11(600万画素)の例



 
2.4 画像サイズ、画素数と用途の目安

註)オリンパスのホームページより

:推奨事項
    ・大きなサイズで撮影しよう(好きなところを切り出すこともできる)
    ・通常はオートで!ズームをうまく使おう!
    ・シーンモード、特に花の撮影にはマクロモードを活用しよう!
    ・フラッシュを有効に利用しよう。特に逆光では強制発光を!


2.5 注意事項

 
 ・暗い場所での撮影はカメラぶれに注意!
 ・その場合再生して確認を!それも拡大画面で!

 ・日付設定を確認しよう!
 ・何回も充電して使用できる充電式のバッテリーが経済的!
 ・撮影しない合間は頻繁にスイッチをオフにしよう(電池を長持ちさせる)!

 ・画像をパソコンに取り込んだら、記録カードは空にしておこう!


                      



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO